英語とか欅坂とかイラストとか多趣味なブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語とか欅坂とかイラストとか多趣味なブログ

趣味で英語を、欅坂を応援してます。専門は情報工学。多趣味でイラスト、英語何でも挑戦

N高校・N予備校英語講師、中久喜匠太郎の英文読解参考書が凄い!

英語

英文読解では「ポレポレ英文読解プロセス50」、「ビジュアル英文解釈シリーズ」が英文読解のバイブル的存在で最も有名であり、私も高校時代はそれらを使用していました。

ただ、ポレポレは少し難しいと思う。あのレベルが出来れば英検1級程度の読解は簡単に出来ないとおかしい。

www.eiken.or.jp

上記リンクから英検1級過去問の閲覧が出来ますが、問題を解けばわかる通り複雑な英文構造は殆どありません。

例えば、2016年第2回英検1級問題の大問3の「Disruptive Innovation」の一文、

~,there is an innovation so radical it has a catastrophic effect on existing markets and businesses.

このレベルがたまに出現する程度。ポレポレの例文の方が難しいです。

 

そして最近、英文読解参考書でそれらを上回る参考書を見つけました。

恐らく、英文読解書では最高レベルの一冊。

 

カリスマ講師の 日本一成績が上がる魔法の英文読解ノート

カリスマ講師の 日本一成績が上がる魔法の英文読解ノート

カリスマ講師の 日本一成績が上がる魔法の英文読解ノート

 

 

f:id:avai:20161211174337j:plain

著者である中久喜匠太郎氏は元代々木ゼミナール英語講師、今は角川ドワンゴが運営するN高校・N予備校の英語講師として活躍されています。

しかも、イケメン。

f:id:avai:20161211170620j:plain

 中久喜匠太郎氏

 

本書によると対象は

  • 中~上位国立大志望、GMARCH以上の上位私大
  • 全受験生
  • 根本的に英文法を学びなおしたい社会人

 

感想としては

  • 問題英文は基礎的で優しい~普通レベル、しかし解説は超丁寧
  • 非常に親切で見やすく、十分なレベルの読解力が身に付く

 

[問題は基礎的で優しい~普通レベル、しかし解説は超丁寧]

全9チャプター(問題数75問)。チャプター1の「品詞と文型」から始まり、不定詞動名詞・分詞、接続詞、疑問詞、関係詞、比較、仮定法、チャプター9の「強調・倒置」。

英文問題はポレポレよりクセがなく、個人的に簡単で取り組みやすい問題だった。

解説は非常に丁寧。正直、くどいと感じる人もいると思いますが、ポレポレよりも圧倒的に親切でわかりやすいです。

 

[問題英文のレベル]

問題1

f:id:avai:20161211174459j:plain

 

問題2

f:id:avai:20161211174624j:plain

 

問題3

f:id:avai:20161211190404p:plain

 

 

問題4

f:id:avai:20161211174652j:plain

 

[解説及び読解プロセス]

問題2の解説

f:id:avai:20161211183611j:plain

 

問題3の解説

f:id:avai:20161211183631j:plain

 

[非常に親切で見やすく、十分なレベルの読解力が身につく]

この一冊で十分な読解力は間違いなく身に付きます。

その証拠に、

f:id:avai:20161211184205j:plain

少し前に購入した「オバマ演説集」のスピーチの一部、

 

  1. It's with that hope that we began this journey.(希望を胸に、われわれはこの旅を始めました)
  2. It's the answer that led those who've been told for so long by so many to be cynical and fearful and doubtful about what we can achieve to put their hands on the arc of history and bend it once more toward the hope of a better day.(その答えのおかげで、これまで実に長い間、実に多くの人達から、われわれに何が実現可能かに関してはシニカルに恐れや疑いの目を向けるように言われ続けてきた人たちが、長大な歴史の流れに手を伸ばし、よりよい日の希望に向けてその流れをもう一度変えることができるのです)
  3. I have never been more hopeful than I am tonight that we will get there.(私は今夜ほどそこへたどり着く期待を強くしたことはありません)
  • 1において、一つ目のthat、二つ目のthatの用法は何か?
  • 2において、thatの用法、一つ目のto、二つ目のtoの用法は何か?また、andは何と何を結ぶか?
  • 3において、比較対象がゼロの時(never~than)の理解

上記の問いにも、この英文読解参考書はカバーしてくれていますので、オバマのスピーチのレベルにも十分対応していると言えます。

大変見やすくわかりやすい、そして十分なレベルの読解力を養うことのできる本書は間違いなく最高の一冊です。

広告を非表示にする