英語とか欅坂とかイラストとか多趣味なブログ

英語とか欅坂とかイラストとか多趣味なブログ

社会人で専門は情報工学。趣味で英語を学習、欅坂を応援してます。多趣味でイラスト、英語何でも挑戦

乃木坂46 中元日芽香の卒業は実社会と同じ気がする

 

f:id:avai:20170811203230j:plain

先日、乃木坂46中元日芽香(ひめたん)がグループ卒業&芸能界引退を発表した。

乃木どこ、NOGIBINGO、乃木坂工事中を観てきた自分としては寂しいし、卒業後はラジオ活動等を行うものだと思っていた。

卒業理由は体調面に不安があること、グループ活動をやりきったことを挙げていたけど、大人なら大体の察しはつくと思う。 つまるところ、彼女はグループ内の「競争」に負けたこと、精神面の不調が生じていることが卒業理由ということに。

選抜の枠が限られている以上、必ず競争は生じる。その競争に負け、彼女はあまり結果が残せなかった。 それは彼女自身も何度も述べているし、乃木坂ファンも思うことがあると思う。 乃木坂1の真面目な努力家で、握手券も売れてるのに結果が出ないのは相当辛かったはず。

凄く実社会に似ている。

どれ程頑真面目でも、努力家で頑張っていても、結果が出なければ社会では評価されない。 「頑張っているから」が通用するのは学生までで、社会では実績や数値で評価される。 運営は間違いなく、「頑張ったから」と言う理由では評価しておらず、握手券の売上などの客観的な数字や実績で評価しているはず。会社は利潤を求めるから、利益に貢献出来る人物を起用するの当たり前だし、だからこそひめたんの卒業はあまりにも生々しく感じてしまった。

乃木坂というグループの中にも残酷な一面があり、社会と同じ競争社会で勝者は利潤を総取りで、敗者は捨てられる。 僕らファンだってその競争に加担している。

卒業後に精神面の治療・休養することからもわかるように、相当精神的に疲れているのだってわかる。

綺麗事かもしれないけど、それでもファンは優しく応援してくれるし、幸せになって欲しいと願ってる。

 

彼女は、望んだ結果は果たせなかったかもしれないけど、真面目で努力家な中元日芽香は多くの方に支持されたことは事実だ。 「乃木どこ」での生態調査、ノギビンゴでのプロテイン発言、「バレッタ」選抜時のガールズトーク、「のぎ天」のキャンプ企画。 やっぱり、乃木坂1の努力家で真面目な中元日芽香は最高に可愛い。

f:id:avai:20170811203256j:plain

f:id:avai:20170811203328j:plain

f:id:avai:20170811203413j:plain