英語とか欅坂とかイラストとか多趣味なブログ

英語とか欅坂とかイラストとか多趣味なブログ

趣味で英語を、欅坂を応援してます。専門は情報工学。多趣味でイラスト、英語何でも挑戦

乃木坂46 中元日芽香の卒業は実社会と同じ気がする

 

f:id:avai:20170811203230j:plain

先日、乃木坂46中元日芽香(ひめたん)がグループ卒業&芸能界引退を発表した。

乃木どこ、NOGIBINGO、乃木坂工事中を観てきた自分としては寂しいし、卒業後はラジオ活動等を行うものだと思っていた。

卒業理由は体調面に不安があること、グループ活動をやりきったことを挙げていたけど、大人なら大体の察しはつくと思う。 つまるところ、彼女はグループ内の「競争」に負けたこと、精神面の不調が生じていることが卒業理由ということに。

選抜の枠が限られている以上、必ず競争は生じる。その競争に負け、彼女はあまり結果が残せなかった。 それは彼女自身も何度も述べているし、乃木坂ファンも思うことがあると思う。 乃木坂1の真面目な努力家で、握手券も売れてるのに結果が出ないのは相当辛かったはず。

凄く実社会に似ている。

どれ程頑真面目でも、努力家で頑張っていても、結果が出なければ社会では評価されない。 「頑張っているから」が通用するのは学生までで、社会では実績や数値で評価される。 運営は間違いなく、「頑張ったから」と言う理由では評価しておらず、握手券の売上などの客観的な数字や実績で評価しているはず。会社は利潤を求めるから、利益に貢献出来る人物を起用するの当たり前だし、だからこそひめたんの卒業はあまりにも生々しく感じてしまった。

乃木坂というグループの中にも残酷な一面があり、社会と同じ競争社会で勝者は利潤を総取りで、敗者は捨てられる。 僕らファンだってその競争に加担している。

卒業後に精神面の治療・休養することからもわかるように、相当精神的に疲れているのだってわかる。

綺麗事かもしれないけど、それでもファンは優しく応援してくれるし、幸せになって欲しいと願ってる。

 

彼女は、望んだ結果は果たせなかったかもしれないけど、真面目で努力家な中元日芽香は多くの方に支持されたことは事実だ。 「乃木どこ」での生態調査、ノギビンゴでのプロテイン発言、「バレッタ」選抜時のガールズトーク、「のぎ天」のキャンプ企画。 やっぱり、乃木坂1の努力家で真面目な中元日芽香は最高に可愛い。

f:id:avai:20170811203256j:plain

f:id:avai:20170811203328j:plain

f:id:avai:20170811203413j:plain

 

 

 

同級生の進路を聞いて愕然とした

昨日、高校時代の友達と電話をし、同級生の進路を色々と教えてもらった。

同じクラスの同級生の進路で驚いたことは、凄く頭が良く、親しかった人が大学を中退したり、大学院試験に落ち、音信不通になっていたこと。

友達から「連絡してみて」と頼まれたので、電話とメールをしてみたが、音沙汰なしだった・・。

高校時代は、放課後には遊び、大学始めはよく酒を酌み交わした友達が音信不通になっていたことに正直ショックだった。

プロの世界で活躍している同級生(先日、TVで特集されていました)もおり、素直に「凄い」の一言。

 

人生何が起きるかわからない。

 

だからこそ、努力し、与えられた役割をきっちりこなし、友達を大切にし、謙虚に生きなければいけないんだと感じた(あたりまえのことだけど、実際に全てこなすのは難しいよね・・・)

決して、人を見下したり、馬鹿にしたりしてはいけないと思った。

なぜなら、自分が転落するかもしれないから。

 

音信不通になった友達との関係は、恐らくもう終わりだと思う。

正直、凄く仲良かったからショックが大きい。良く泊まりに行ったり、泊めていたりした仲だからなおさら。

でも、もし自分が同じ立場だったら、自分も音信不通になっていたかもしれない。

自分も惨めで恥ずかしい気持ちになり、連絡出来ないと思う。

「せっかく勉強してそこそこの大学に入ったのに、こんな惨めな姿を同級生に知られたくない・・」みたいな感じで。

 

人はあっけなく転落することに怖さを感じた。

そして、あっけなく関係も終わる。

音信不通になる前に、自分から連絡したり、会って会話しておけば良かったと後悔。

 

三連休なのに、もやもやして気分が悪い。

乃木坂の山下美月ちゃんと、梅澤美波ちゃんのショールームでも観て癒されようかな・・。

 

[山下美月]

f:id:avai:20170717194639j:plain

 

[梅澤美波]

f:id:avai:20170717194656j:plain

 

 

「英文速読のナビゲーター」で論理的に英文を読む力を養う

f:id:avai:20170615125014j:plain

 

 

英文速読のナビゲーターは「英文を論理的に読みましょう」という事にフォーカスし、単語や文法の知識はあるのに、長文が読めない人に向けた参考書。
本書によると、論理的に英文を読むとは、各パラグラフの関係を掴むこと、パラグラフ内での強弱、接続詞のもつ主張性、対比、具体例、言い換え表現に気付くこと。
漠然と英文を読むのではなく脳汗をかきながら英文と対峙しようということ。

TOEICや大半の大学入試では、ゴリゴリの直訳でも意味が掴めると思うけど、英字新聞や英検一級レベルだと、ゴリゴリの直訳では厳しい。
そのような英文に対処するためには論理的に読むことが必要で、本書では例題と演習問題でその力を養うことを目指しています。
そして、論理的に読むことができるならば、多少の未知語が含まれていても大きな流れを損なわずに読解可能であり、未知語の類推も可能。

 

<<英文のレベル>>

f:id:avai:20170615130134j:plain

 

<<解説と別冊>>

f:id:avai:20170615130148j:plain

f:id:avai:20170615130228j:plain

f:id:avai:20170615130239j:plain

f:id:avai:20170615130209j:plain

f:id:avai:20170615130218j:plain

 

<<ここから感想>>

長文問題については、複雑な構文は殆どないので取り組みやすいと思います。
Amazonレビューによると、英文レベルはセンター試験~中堅私大レベルに感じる人が多いみたいです。
長文問題数は11題、解説は非常に丁寧で流石は超一流のプロだなと感心しました(^_^;)
小手先だけのテクニックを排除し、徹底的に論理的に読む事にフォーカスしているので、一つ一つの長文の解説は長いです。

最近では、論理的に読む大切さを主張する参考書は絶滅し、早くスピーディに読解するのが主流みたいですね(TOEICなど)。

速く読む前に、正しく構文を掴む、論理的に理解する読解力が先だと思うのですが・・。