英語とか欅坂とかイラストとか多趣味なブログ

英語とか欅坂とかイラストとか多趣味なブログ

趣味で英語を、欅坂を応援してます。専門は情報工学。多趣味でイラスト、英語何でも挑戦

欅坂46 選抜制は悪魔のシステム

欅坂46を応援していますが、選抜制の導入は反対です。

理由は絶対的格差が生じるから。

選抜制には必ず勝者(選抜組)と敗者(非選抜組)が生まれる。
そして、この勝者と敗者が流動的に入れ替わらず、固定化するのが1番の問題。

乃木坂46を例に出すと、
白石麻衣は絶対的エースで固定化している、その他の生駒里奈生田絵梨花橋本奈々未秋元真夏桜井玲香西野七瀬なども同様に選抜に固定化している。すると、残り少ない枠を争うことになる。
そこには、平等を名目にした不平等が存在し、個人をアトム化する。
非選抜、特に長期間非選抜の者は強烈に自己を否定された気分になるが、非選抜(敗者)に言い分は与えられない。


正に、一部が富を独占し、敗者は人間性まで否定されボロボロになる構図。

「選抜制にして競争させる必要がある」は最悪な主張だ。

投資になぞらえると、

メンバーを選ぶ行為(投資先を決定し投資を行う行為)だけで、ファン(投資家的な立ち位置)は猛烈な競争に巻き込まれる事はなく、傍観者の立場だ。
ファンは気分がいい、何故なら選ぶ立場にあり、気分次第で好みの変更が出来るから。自身は汗水を流さず、土足で相手の領域に入り込み、口出しを行う。
ただ、それが選抜制に影響を与え、猛烈な競争や他者否定を包括するようになる。
自身は傍観者で、相手の猛烈な競争を楽しむ行為。結局は優越感を感じるために、アイドルはモノ扱いの様な形になる。

完全に、今の社会の縮図だ。

秋元康は恐ろしいシステムを生み出してしまった…。

f:id:avai:20170110191312j:image

 

 

 

 

広告を非表示にする